癒し効果

パワーストーンはどこにつける?

パワーストーンというのはどこにつけるかよりも、自分にあっている石が重要になります。
身につける場所はネックレスやペンダントとしてが多いです。
また昔からアクセサリーというのはお守りの役目として身につけられてきた歴史があります。

パワーストーンもそのように「お守り」としての価値があります。
身につける場所にも意味というものが存在しているので紹介しておきましょう。
ネックレスの場合は、魅力を伝えたいとき、コミュニケーションなどを向上させたいとき等につけるとよいとされています。
一般的にはお話が苦手な人がネックレスでパワーストーンを身に着けると効果があるという言い伝えがあります。

ペンダントの場合は、主に「心」の安定になります。
不安定な精神状況やイライラしている人はペンダントタイプで身に着けるのがよいでしょう。
自分の自信を取り戻すことができるとされています。
ブレスレットの場合、これは最も身に着けている人がおおいですが、お守り効果、癒し、能力アップにおけるものとして効果があるとされています。

つける場合は左腕が多いですが、それは気の流れに関係しているといわれています。
左から入った気が右から出て行くというようになっているので、左につけるとよいでしょう。
ピアスの場合は、知性や第六感などの部分を磨く、鋭くさせるというような効果があるとされています。
仕事などを向上させたい人はこのようなものがいいでしょう。
パワーストーンは身に着ける場所によって実際に様々な効果があります。

製作するさいはカウンセリングがある、専門ショップをオススメします。
心の悩みも聞いてくれますし、本当にすっきりします。
それだけでなく自分に合った石を選んでくれるので相性がとても良いでしょう。
パワーストーンの力は大変凄いので是非実感してほしいです。
辛いときや願いを叶えたいときは、沢山の石の種類の中から見て「落ち着く」ものがあります。

それが自分に合う石です。
その石を眺めて落ち着くということはヒーリング効果がもたらされているのです。
そのような精神的作用が一番優れた力になります。
参考にしてみて身に着けたり製作してみてください!

Site Menu

Copyright(C) 2013 エネルギーの結晶 All Rights Reserved.