癒し効果

パワーストーンで子宝祈願

独身時代に恋愛成就のパワーストーンを取り入れたブレスレットを購入しました。
身につけ始めて2か月後に素敵な男性と知り合うことができ、その男性と結婚をしました。
この時、ブレスレットを身につけていたおかげで巡り合うことができたんだと思いました。
その後もブレスレットをお守りのように身につけていました。
結婚生活はとても楽しく、毎日が幸せでした。
しかし、唯一叶わない願いがありました。
それは子宝に恵まれないことです。
不妊の病院に通い、体外受精に何度もチャレンジしても恵まれませんでした。
もうお金は底をつき始めました。
そこで次を最後の採卵とし、採取出来た卵のうち受精卵となれた卵を総ての移植をし卵が無くなったら治療をやめる決心をしました。
そこで、藁にもすがるつもりで、子宝に恵まれるとされる物を出来る限り取り入れようと考えました。
子宝にきくと聞いたサプリメントを飲み、子宝神社に祈願をしに行きました。
そして、子宝祈願のパワーストーンをとりいれたブレスレットを購入し、毎日身につけるようにしました。
ブレスレットには5種類の石を取り入れました。
1つ目は、私は生理不順だったので、ホルモンバランスを整えてくれるというローズクオーツです。
2つ目は、体の不調を取り除き、体のマイナスエネルギーをプラスに変えてくれる水晶です。
3つ目は、生命のエネルギーを旺盛にし、生殖器の機能を高め、スタミナを与えてくれるとしてくれるカーネリアンです。
4つ目は、女性のホルモンバランスを整え、愛と生命力を与え幸福へと導いてくれると言われ、子宝運を高め妊娠や出産のお守りとして利用されていたサンゴです。
そして5つ目が女性らしさを高め、心身の不調を整え出産を控える女性に愛されているムーンストーンです。
この5つのパワーストーンを取り入れたブレスレットを常に身につけるようになりました。
購入して2週間後、最後の採卵日がやってきました。
手術室ではアクセサリーを身につけることが禁止されているので、手術着のポケットにブレスレットと子宝のお守りを入れて挑みました。
採卵の結果は過去最低の2個でした。
20代にも関わらず、最高グレードは0個で良の卵が2つ採取できただけでした。
それでも、1週間後2つの卵は受精卵に育ってくれました。
1つは自力で成長を続けていたのですが、もう1つは8分割で成長が止まってしまいました。
しかし、先生が施してくれたアシステッドハッチングで何とか再度分割を始めてくれました。
翌月、自力で分割をしてくれた良い方の卵を移植しました。
しかし、結果は陰性で授かることができませんでした。
そして更にその翌月、自力で分割することも出来なかったグレードも悪い卵を移植しました。
今まで移植をしてきた卵の中でもワースト1位か2位に入るもので、完全に諦めていました。
しかし、移植後1週間後採血をしてみると、まさかの陽性反応が出たのです。
その時は、嬉しさよりも驚きの方が大きく涙すら出ませんでした。
しかし、家に帰って主人に伝えると嬉しさで2人で抱き合って泣いてしまいました。
私は、このブレスレットのおかげだと思っています。
そしてその時に授かった命は今もお腹の中で元気に成長しています。
来月には、この腕で抱くことができます。
楽しみで仕方がないです。

Site Menu

Copyright(C) 2013 エネルギーの結晶 All Rights Reserved.