癒し効果

パワーストーンに一目惚れする私

パワーストーンの種類はとても豊富で、「この石もそうなのか」というものが沢山あります。
実際、ダイヤモンドや真珠もそうであると知ったときには、非常に驚いたものです。
てっきり、ムーンストーンや水晶のことを言うのだと思い込んでいましたから。
もちろん、名前を知らない石も多いです。
自分に合う石のいくつかは、未だに名前が覚えられません。
また、高校生の頃に友人の付き添いで初めてショップに行ったとき、石がもつ意味の多様さに驚きました。
石に言葉があることも驚きました。
当時は誕生石レベルの知識しかありませんでしたし、花言葉程度しか知りませんでしたから当然です。
体調や効果、誕生日、願い事、その他たくさんの要素のなかから自分に合ったものを選ぶ人が多いと聞きますが、私ももちろんその一人です。
しかし、私の場合は最終的に一目惚れで選んでしまうことが多いです。
そしてパワーストーンの効果にすがるわけではなくて、「パワーを分けてもらいたい、気持ちを落ち着かせたい、常に持ち続けることで掲げた目標を意識する」等、ひとつの支えとして持つことを信条としています。
支えとするからには、しっかりと自分に合うものを選びたいですし、妥協は決してしたくありません。
いつもショップではじっくりと時間をかけて石を選んでいます。
私の選び方は、まず店員さんに生年月日などから相性のいい石を複数選んでもらい、その石を使っているアクセサリーを片っ端から見ていって検討を重ねます。
そして徐々に候補を絞っていき、三種類くらいを最終候補にします。
そこで頭の中を整理するために一旦ショップから出て、数十分後にまた戻るのです。
そうして冷静な頭で先ほどの最終候補を確認すると、どれもしっくりきません。
そしてもう一度、軽く店内を見渡します。
すると、目が離せなくなる存在に突然出会うのです。
強烈な一目惚れです。
その石の効果を確認すれば、私と相性のいい石で、しかも先ほど探していたときには気がつかなかったものであることが多いです。
そうして購入したパワーストーンは、やはりいつまでもお気に入りで、大切に扱うことができます。
「これでいいか」と妥協してしまったものは持ち歩かなくなることが多く、そのたびにパワーストーンの不思議さを実感するのです。
私がよく選ぶ石は、健康や家内安全、精神安定といった効果のものが多いです。
人からは「欲がない」と言われますが、私はこれでいいのです。
誰かにプレゼントするものは、その相手に合わせたものを選んでいます。
大抵が健康運や仕事運、金運などで、これも私が「これしかない」と一目惚れしたものをプレゼントしています。
相手も大抵気に入ってくれ、常に持ち歩いてくれています。
それを見ているだけで私も元気になれますので、そういった意味でも石の効果が出ていると常々感じました。
パワーストーンが持つ不思議な力について、その劇的な体験談をよく店頭や雑誌で見かけますが、私はそこまで劇的な体験はありません。
でも、いつも持ち歩いている石を見て心が穏やかになるのは、これ以上ない効果だと捉えています。
日々、穏やかな気持ちで過ごすことはとても大切なことです。
だから私は欲を出さず、健康や家内安全などの石を選んでいるのです。

Site Menu

Copyright(C) 2013 エネルギーの結晶 All Rights Reserved.