癒し効果

家に飾っても効果はある?

パワーストーンは身に着けていないと効果はありません。
それは身につけることで体に石の力を巡らせてくれるとされているからです。
最近はブレスレットタイプのパワーストーンがとても人気で身につけている人が多いと思いますが、左腕につけるのがよいとされています。
右腕につけることが悪いというわけではなくて、左から気の流れが入って、右から出て行くとされているのです。
よって左につけるほうが一般的だとなっています。

ですが人によっては右につけている人もいますのでその辺りはあまり深く考えないで下さい。
さて大事なことですが、パワーストーンを身につけていないと効果が意味がないのか、どうなのかということです。
これについては身に着けていないと効果がありません。

パワーストーンはいわば「お守り」ということになります。
自分の身代わりになってくれるものとして身に着けているということになりますので、毎日つけていれば当然身代わりになってくれることで悪い物から守ってくれるということになります。
ですので浄化作業も必要になるのです。
浄化をすれば、きちんと石の力が再び戻るとされています。

石というのはお守りとして身につけるものですので飾っていてもあまり効力は発揮しません。
寝る際に枕元や近くにおいておくのは良いことではありますが、基本的には肌身離さずもっていることが一番の効力を発揮することとなっています。
パワーストーンは飾るだけでは意味がありませんので気をつけてください。
パワーストーンとは違って部屋においておくと効果があるようなものもありますので、飾りたい場合はそのようなものを選ぶとよいでしょう。

またパワーストーンを製作される際はネットや販売店で購入するのではなくて、専門ショップで作ることをオススメします。
予算などによってきちんと適正価格で製作してくれるので安心です。
またパワーストーンは値段の安い、高いではありません。
その人に合うものが大事です。
パワーストーンについて改めて理解をしておきましょう!参考にしてみてください!

Site Menu

Copyright(C) 2013 エネルギーの結晶 All Rights Reserved.